テレビに耳ありラジオに目あり

テレビ/ラジオを自由気ままに楽しむためのレビュー・感想おもちゃ箱、あるいは思考遊戯場
TOP > ARCHIVE - 2015年12月

『爆笑問題の検索ちゃん 芸人ちゃんネタ祭り2015』~ネタ芸人のモチベーションを刺激する太田光という「笑いの試金石」~

検索ちゃん

年末年始といえば、ネタ番組の大量出現にお笑い好きとしてワクワクしつつも、同じネタを繰り返し観ることになって食傷気味になるのは例年の通り。その中で本当に存在価値があるのは、単にそれぞれの「鉄板ネタ」を並べただけの番組ではなく、やはり番組としての「方向性」が明確な番組。その点、毎年恒例になっているこの『検索ちゃんネタ祭り』は、ますます独特の存在感を放っていた。

毎度のことながらこの番組には、ほかの番組では滅多に観ないタイプの尖ったネタが集まる。他のネタ番組と芸人のラインナップこそかぶっているが、ここには他のネタ番組とは明らかに異なる切り口がある。それは番組側の意図するところでもあるだろうし、一方で偶発的な、自然発生的なものでもあるかもしれない。

その根底にあるのは、何よりもまず「ネタを太田光に見せる」という前提条件であるだろう。ネタは当然、お客さんに向けてやるものだが、ではここで言う「お客さん」とは誰なのか。テレビの前の視聴者、スタジオの観客、スタッフ、司会者、ひな壇のライバル芸人、審査員がいれば審査員等々、ひとくくりに「お客さん」といっても、そこにはさまざまな層がある。

それら多方面の「お客さん」に対し、全方位的にバランスの取れた高評価を得られるネタが、すなわち各芸人にとっての「鉄板ネタ」ということになるのかもしれない。そして芸人に対し、たとえさんざん余所でこすられたものであれ、「鉄板ネタ」を求める番組は多い。

もちろん、一方では「他の番組でやってないネタをやってほしい」というスタッフからのリクエストも多いはずで、芸人には常に「確実にウケるネタを」という要求と、「挑戦的な新ネタを」という二律背反の要求が突きつけられることになる。当然、「鉄板ネタ」というのは「すでにウケた実績を積み重ねてきたネタ」という意味だから、「余所であまりやってないネタ」や「新ネタ」は「鉄板ネタ」にはなり得ないわけで、この二つの要求は完全に矛盾する。

たとえば「挑戦的な新ネタを」という要求があった場合にも、スタッフへのネタ見せを経た結果、「やはりあの有名ないつものネタでお願いします」という判断に落ち着くケースが多いのではないか。結果、それらを並べれば必然的に、どのネタ番組も似たような仕上がりになってしまう、というジレンマを抱えている。

しかしこの『検索ちゃんネタ祭り』に関しては、「とにかく太田光ひとりに笑ってもらいたい」というのが、各芸人のモチベーションの核となっているように見える。そういう意味で、この番組の方向性はあまりに明確だ。もしかすると、「太田光を笑わせたい」という段階を越えて、ただ「驚かせたい」とか、いっそ行きすぎて「なんとかして太田光を呆れさせたい」といったレベルに達してしまっているネタも見受けられるほど。

そこへさらに、自由度を確保する長尺設定が相まって、他ではなかなか観られないチャレンジングで濃密なネタが並ぶ。たとえ他の番組と同じようなメンツが並んでいたとしても、ここにしかない太田光基準の「面白ければなんでもあり」で「前向きなエラーは許される」という独特な空気感が醸成され、それがそのまま番組の個性になっている。

この番組が他のネタ番組と一線を画している要因には、もしかしたらこの番組が、元来ネタ番組ではなく、クイズ番組のスピンオフとして立ち上がった、という経緯も少なからず関係しているのかもしれない。興味深い変化は、いつも内部ではなく外側から持ち込まれる。といってもオリジナルの『検索ちゃん』という番組は全然普通のクイズ番組じゃなくて、「毎度出演者が問題とは無関係な太田光の長話を聴かされる」という不思議な構造の番組で、その傍若無人な太田光の独裁体制が、『ネタ祭り』にも良い意味で着実に受け継がれている、と言えるかもしれない。

ネタ番組は数多あれど、毎年末、絶対に見逃してはならない番組のひとつであると断言できる番組。

スポンサーサイト

失言ポロリ系LINEスタンプ『権力ちゃん』新発売

有無を言わせぬ顔圧と含みのある発言で、グイグイと一般市民をプレッシングしてくる権力者の肖像。これさえあれば、どんな願いも思いのまま!? だけど時々ちょっぴり乙女……。

虚実空転レーベルのLINEスタンプ第2弾ができました。その名も『権力ちゃん』(「権ちゃん」って呼んでください)。
権力ちゃん
【LINE STORE『権力ちゃん』】
http://line.me/S/sticker/1221726

権力者最大の特徴といえば、とにかく「何を言っても大丈夫な顔」。これに尽きます。暴言・失言なんのその。誰もがひれ伏すこの圧倒的顔圧さえあれば、通らない要求などありません。それは過言です。

しかし迫力のある顔というものには、どこかしら可愛気があるものです。「可愛さ余って憎さ百倍」の逆で、「憎さ余って可愛さ百倍」とでも言いましょうか。言うのは自由なので言ってみました。

今回も、その皺と顎のラインに権力欲を刻み込むようにイラストを描いてくれたのは、在野のチェコ人絵師メーベ・ロシフスメキー先生。僕が焼き魚の皮に爪楊枝で書いたフレーズを野良猫に食べさせながら、絶妙にムカ可愛い権力者像を描いていただきました。

そんなLINEスタンプ『権力ちゃん』は、WEBのLINE STORE《http://line.me/S/sticker/1221726》及びスマホLINEアプリのスタンプショップにて発売しております(全40種入り120円)。ショップ内にて「権力ちゃん」で検索していただけるとひょっこり顔を出します。

第1弾の『いいねボーイ』も好評発売中です。変幻自在の「いいね!」バリエーション全40種でコミュニケーション・ブレイクダウン!
いいねボーイ
【LINE STORE『いいねボーイ』】
http://line.me/S/sticker/1218515

以上、何卒中卒小卒よろしくお願い申し上げます。

『M-1グランプリ2015』感想~「ネタ」と「キャラ」の融合が生み出すミラクル薄毛ファンタジー~

m-1gp2015logo.jpg

やはり「キャラクター」は強い。「キャラクター」と「笑い」の間には、間違いなく密接な関係がある。

とはいえ『M-1グランプリ』は漫才、つまり「ネタ」の勝負である。しかし漫才のネタというのは、あくまでもネタでしかなくて、それ単体では存在し得ない。必ずそれを演じる「キャラクター」がいる。だから必然、漫才のクオリティは、「キャラ×ネタ」という複合的な構図になる。

今大会、その掛け算における最大値を弾き出したのがトレンディエンジェルだった。キャラクターとネタの一体感、それに尽きる。漫才ネタの中に登場するあらゆる言葉と動きが、キャラクターを生かす方向にのみ的を絞って機能している。

「面白いことを言う人」に見えるか、「面白い人」に見えるか。その違いは大きい。キャラクターとネタが乖離していると、言ってることがどんなに面白くても、「面白いことを言う人」に見える。しかしキャラとネタが溶けあって一体化すると、その人は「面白い人=何をやっても面白い人」として認識される。後者はある種「ゾーンに入った」状態であるから、「最高のネタを2本揃えるのは難しい」と言われる『M-1』のような大会においても、2本揃えられる確率が格段に高くなる。

その「ゾーンに入った状態」を、「ファンタジー」と言い替えてもいい。キャラとネタが融合したところには、自動的に「世界観」が生まれる。世界観というと笑いとしては格好が良すぎるかもしれないが、たとえばトレンディエンジェルの漫才には、「禿げが堂々と禿げている」という独自の世界が、その乏しい毛髪の合間から見え隠れする。

いったい何を言っているのであろうか。しかし彼らが単に禿げキャラだから優勝できたわけでは断じてない。その「キャラクター」にとことんこだわり抜き、その一点を生かし切る覚悟があったからこそのクオリティであるはずだ。そのうえ斎藤さんの場合、「禿げなのになんか格好いい」という矛盾した2つの要素を、どういうわけか両立させている。これはもう生かすしかない逸材なわけだが、そこを生かすことにフォーカスし全身全霊を注ぎ込んだ彼らのネタが素晴らしいということもまた、間違いがない。

すっかり一周して「キャラ」の重要性の話から「ネタ」が大事だという話になったが、別に言いたいことが変わったわけではなく、トレンディエンジェルの場合、それくらい不可分な状態までキャラとネタが一体化している、ということが言いたい。

正直、2本目が終わった時点で、間違いなく満票獲得の完全優勝だと思っていたので、むしろ数票ほかに流れたことが意外だった、というぐらいの圧勝だった。

とりあえず、今後売れてから髪の毛を急に増やそうとしたりしないように、と祈る。

それでは、以下登場順に。

【メイプル超合金】
ルックスのインパクトのわりに、コツコツとヒットを打ってくる感触だったのは、設定という設定がなく、小ボケの連続に終始していたせいだろう。打率は低くないが、後半に向けてボケが積み上がっていく形になっておらず、横に並べて終わったという印象。四角四面なツッコミが、ボケを広げきれていないのもやや物足りなかった。

【馬鹿よ貴方は】
低いトーンと充分すぎる「間」により、「面白いことを言いそうな雰囲気」を醸し出しすぎているため、ボケのハードルが必然的に上がり、その上がりきったハードルをワードセンスが越えられていない。実は意味不明なほどトリッキーなことを言っているわけではないので、ハードルの上はもちろん、下をくぐるというような裏技でもなく、モヤモヤした感じだけが残る。雰囲気は充分に持っているので、それを生かす言葉が欲しい。敗退決定時の台詞「やっと『M-1』らしくなってきましたね」が面白く、あのひとことに可能性を感じた。

【スーパーマラドーナ】
前半の振りがしっかり効いて後半徐々に盛り上がってくるという意味で、完成度が高い。伏線も着実に回収され、終わり方も鮮やかで、しっかり練られているのが伝わってくる。逆にその完成度や巧さが、彼らのキャラクターが本来持っていそうなスケール感を小さく閉じ込めてしまっている印象も。

【和牛】
一般的な感情にモラルで徹底抗戦する理詰めの漫才。一挙手一投足に至るまで揚げ足を取り続けるその執拗さで、屁理屈の塔を着実に築いていく。期待した方向への満足度は非常に高いが、反面、ここまで徹底していると、ふと意外性が欲しくなる。

【ジャルジャル】
徹底した言葉遊びによるディスコミュニケーション。通常の会話ならばスムーズに流れていくはずの紋切り型の言動をわざわざ破壊することで、言葉や常識の無力さを炙り出すという、とても文学性の高いスタイル。90点弱の似たような点数が並ぶ中、他に差をつけるにはやはり既存の何かを破壊しなければならないということを改めて証明してみせた。しかし2本目は、皮肉にも自らが1本目で生み出した成功例を忠実になぞった結果、紋切り型に陥ってしまった。

【銀シャリ】
ジャルジャルに続き、こちらも言葉遊び系。しかし言葉の破壊にまでは至らず、あくまでも意味の範囲内をギリギリまで攻めるという形。「醤油フェスティバル」「やり口がボン・ジョヴィ」あたりのツッコミの言葉選びが秀逸で、オーソドックススタイルの漫才でありながらも、その限界点まで攻めている。2本目も同じく言葉遊びだが、細かい言い間違いの指摘から発展するところまでは至らず、1本目には及ばなかった。

【ハライチ】
自らの武器である「ノリボケ漫才」をいよいよ封印して挑んだ「王道」。しかし「王道」には、ありがちであるという「落とし穴」が常に仕掛けられている。設定はダウンタウンの誘拐ネタを思わせるもので、その影響下にあるフットボールアワーにかなり近い感触。澤部独特のイントネーションがなんとか個性を主張してはいるが、オーソドックスな「型」の中で合格点を取りにいった印象は否めない。トリッキーな「ノリボケ」スタイルの次を担うのは、「王道」ではなくまた新たな変化球であるということか。それが難しいのは百も承知で。

【タイムマシーン3号】
彼らもまた言葉遊び系だが、デブキャラを生かした「デブ語変換」であるぶん、「キャラ」と「ネタ」のシンクロ率は高い。中盤からは「デブ語変換 vs ガリ語変換」という対立構造も取り入れて飽きさせない。とはいえ「デブ語」に比べると「ガリ語」の方はやや弱く、後半やや失速した時間帯もあったが、ラストの3文字「タニタ」でしっかり盛り返してきた。ネタの完成度が高いぶん、優等生的な巧さが見えすぎる瞬間が少なからずあって、いい意味で人を食ったような雑さが欲しい気も。

【トレンディエンジェル(敗者復活枠)】
レベルの高い漫才を2本連続で繰り出せたのは、彼らがネタの中でネタを売り込むのではなく、キャラを売り込み続けてきたことの正当な結果だろう。やはりキャラクターに芯がある漫才は強い。どうしても斎藤さんにばかり目が行きがちだが、観客の疑問を的確に代弁してみせるたかしのツッコミ精度も相当に高く、まさに「痒いところに手が届く」ツッコミを毎度繰り出してくる。当然斎藤さんのワードも高精度を誇るが、それを大事に扱うのではなく、聴き取れるか聴き取れないかギリギリの速度で雑にパッと(ペッと?)放り投げる感じがなぜだか格好いい。もちろん本当に雑なわけではなく、楽器のアドリブ演奏のような絶妙な呼吸がそこにはあるが、その投げっぱなし感がネタに独特のドライブ感を与えている。妙に爽快感のある優勝。

《『M-1グランプリ2010』感想》
http://d.hatena.ne.jp/arsenal4/20101226/1293372609
《観客の反応がすべてを支配しすぎ、だが結果は意外と順当 ~M-1グランプリ2009総評~》
http://d.hatena.ne.jp/arsenal4/20091222/1261426486
《「スピードで誤魔化せる範囲は限られる」M-1グランプリ2008総評》
http://d.hatena.ne.jp/arsenal4/20081222/1229948554

LINEスタンプ『いいねボーイ』新発売!

時は生き馬の目を抜くSNS戦国時代。再頻出単語「いいね!」を制する者はLINEを制すとか制さないとか。
善意のみでなく悪意や嘲笑までフルカバーする「いいね!」バリエーション全40種で、目指せニュアンス自在のいいね無双――。

というわけで、LINEスタンプを作りました。
いいねボーイ大集合

【LINE STORE『いいねボーイ』】
http://line.me/S/sticker/1218515

内容は、「いいね!」絡みだけで40種作るという至極無謀なコンセプトに基づいておりますが、そんな無茶ぶりが功を奏してか、褒めてるんだかけなしてるんだかわからない、いいんだか悪いんだかわからない、使いやすいんだか使いにくいんだかわからない、しかしだからこそ使ってみたくなるという、絶妙なラインのスタンプができたような気がしないでもありません。

そこはかとなく胸騒ぎのするイラストを描いてくれたのは、新進気鋭のチェコ人絵師メーベ・ロシフスメキー先生。僕がアイスのはずれ棒にロケットえんぴつで記したつたないチェコ語をことごとく曲解してくださり、心温まりそうで温まらない素敵な絵に仕上げてくださいました。

そんな『いいねボーイ』、WEBのLINE STORE及びスマホLINEアプリのスタンプショップにて発売しております(全40種入り120円)。「いいねボーイ」で検索していただけると確実です。

どうぞよろしくお願い申し上げます。良きスタンプライフを。