テレビに耳ありラジオに目あり

テレビ/ラジオを自由気ままに楽しむためのレビュー・感想おもちゃ箱、あるいは思考遊戯場
TOP > ARCHIVE - 2014年06月

『MOZU Season1~百舌の叫ぶ夜~』

とにかく何もかもが重厚なドラマで、「映画の基準をテレビドラマに持ち込んでやる」というスタッフの気概を感じるドラマだった。重量感のある演出、容赦ないアクション、脇役陣の怪演、作り込まれたシナリオなど、あらゆる面で他のテレビドラマとは一線を画すこだわりに貫かれている。

だがその重厚さというのは、実のところ「クドさ」や「とっつきにくさ」という問題点にも直結している。

毎度繰り返される、「俺はただ本当の真実を知りたいだけだ」という、決め台詞にしてはインパクトに欠けるリフレイン。そして個々のシーンを重要に作り込みすぎるあまり、複雑でありながら遅々として進まぬ展開。

映画と違い、一気に見せることができないがゆえの工夫として、ひとつの決め台詞で1週間のブランクを埋め、瞬時に前話までとのつながりを意識させようという狙いは理解できる。だがさすがにその肝心の決め台詞自体が普遍的な言葉でありすぎて、この重厚な物語固有の縦糸を担うには荷が重すぎた。

「俺はただ本当の真実を知りたいだけだ」という主人公の決め台詞は、正直どのドラマにも当てはまってしまうレベルのアバウトなメッセージでしかなく、ということはつまり万人に向けて開かれた言葉ではあるわけだが、だからといって初心者を中途から引き込む入口として機能していたとは思えない。開かれすぎた言葉というのは、つまりはありがちな言葉ということでもあって、吸引力に欠ける。キャッチーであるというのは、単にわかりやすいということでもありがちであるということでもない。

作り込まれたシナリオに関しては、同じくTBSドラマの『クロコーチ』で既視感のある展開であったとはいえ、充分に魅力的であった。だが展開の遅さというのは、今のテレビドラマにとっては致命的な要素なのかもしれない。今のドラマ視聴者はおそろしく性急である。

特に物語中盤において、さほど状況に進展のない場面が続いた。複雑なストーリーの割には展開に乏しく、視聴者にもたらされる状況がなかなか更新されていかないという、不思議な歯痒さを感じることが少なくなかった。

だが一方で、スリリングなアクションの見せ場が長尺で用意され、それが作品の魅力の骨格をなしていると感じられる部分もあって、逆に言えばそういった見せ場を重厚に見せたいがために、物語の進行スピードを犠牲にしたとも言える。もちろん、Season2があらかじめ用意されていたということもあって、シナリオの消耗を避けるために物語全体を引き延ばしたかったという、のっぴきならない事情も透けて見えるが。

本作一番の魅力は、警備会社内の暗殺組織を動かすNo.2、中神甚役を演じた吉田鋼太郎の鬼気迫る怪演だろう。悪役は言うまでもなく人を不快にさせる必要があるが、その傲慢かつ残忍な口調から心ない一挙手一投足に至るまで、ここまでいけすかない悪役には滅多にお目にかかれるものではない。ローキックのフォーム一発でここまでのチンピラ感を出せる役者はなかなかいるものではない。伝説の「長渕キック」以来のおそるべきチンピラキックである。中神が生き残っていれば後半はもっと面白くなったのではないか。

Season1の結末に関しては、ストンといくほど腑に落ちず、気になるほどには謎めかず。やや中途半端な落としどころという印象を受けた。続編あるがゆえの難しさを如実に感じさせる終わりかたで、もっと徹底的に説明して謎を晴らすか、あるいはすべてを投げっぱなしにして煙に巻いて終わるか、どちらかの思い切りが欲しかったような気もする。だがやはりSeason2がある以上は、バランスを取らざるを得なかったのだろう。

ちなみに視聴率は、最終回手前の第9話が7.7%、最終話が13.8%。全体の平均は約11%。最後だけ見ればいいやという人が半分近くいることに驚くが、あるいは普段は録画して観ている人たちが、最終回だけは生で観ようと頑張った、ということなのかもしれない。

思いのほか全体の数字が伸びなかったのは、視聴者が複雑な設定についていけなかったか、展開のスピード感のなさに業を煮やしたか、あるいは殺伐とした雰囲気がお茶の間にそぐわなかったか。流血シーンに容赦がないあたりもまさに映画的だったが、映画だとR指定が入ったのではないか。

とはいえ最終回にここまで数字的に盛り返すというのも、あまり例がないような気がする。「ドラマに映画的手法を持ち込む」ことの可能性と限界を考えるうえで、非常に興味深くチャレンジングな作品だった。ただし「続きはWOWOWで」ってのは、あんまりだ。

スポンサーサイト

『高田文夫のラジオビバリー昼ズ』2014/6/6放送回~きよしがボケてたけしがツッコむ! ツービートのゲスト出演にみるボケとツッコミの交換可能性~

漫才コンビのボケとツッコミは、どうやら歳を取ると入れ替わることがあるらしい。

今日の『高田文夫のラジオビバリー昼ズ』には、ツービートがゲスト出演。この番組にはこれまでにも、たけしが単体でゲスト出演したことはあるが、二人揃っての出演は初めて。そもそも番組パーソナリティの高田文夫は、『ビートたけしのオールナイトニッポン』や『北野ファンクラブ』でたけしの捕手役を務めてきた人なので、たけしがひとりでゲストに来た場合は、基本的にたけしがボケて高田文夫がツッコむというお馴染みの役回りになる。しかし相方のビートきよしがここに放り込まれるだけで、フォーメーションが劇的に変わるのが面白い。

普通に考えれば、ビートきよしはもともと漫才の典型的なツッコミ役であり、高田文夫もたけしと共演する際はツッコミ役に徹しているから、この三人を配置した場合、たけしのボケにきよし&高田の二人がツッコむという構図になるのが自然であるように思える。たけしのボケには複数人でツッコんでも手に余るほどの毒があるため、二人でツッコもうが三人でツッコもうが負けることがない。

だが今日のボケ役は、圧倒的にビートきよしだった。金曜『ビバリー』のレギュラーには松村邦洋と磯山さやかもいるから、正確には計四人のツッコミを、きよしただ一人が終始浴びつづけていたことになる。逆に言えば、四人がかりでツッコミ役に回らなければ手に負えないほど、今日のきよしはボケにボケ続けた。

もちろんここで言うボケとは、たけしが放つような計算し尽くされたボケではない。完全に天然物のボケであり、もっといえばポンコツとしてのボケである。狩野英孝や出川哲朗系でありつつ、それ以上に自覚症状のないボケ。的確なツッコミが入らない限りはボケとして認識されないタイプの、つまりは「ボケ」というよりも感覚的な「ズレ」に近いようなボケである。

その場合、ボケに対するツッコミも、「ツッコミ」というよりは、幼稚園児に対する「注意」のようなものになる。事実今日のきよしも、たけしを中心とした計四人から、その話術のたどたどしさや意図不明っぷりについて、終始「注意」され通しだった。そしてその「ズレ」を「注意」するという状況には、なぜだかどうしようもなくワクワクするような面白さがある。もちろんツッコむ側にしても、その「注意」する際に選ばれるツッコミのワード自体がボケを孕んでいる、というさらに一回転した構造もあって、そこまで含めて初めて成立する面白さではあるのだが。

SMについてよく言われる話に、「S属性の人間ががさらに強いSに出会うと、弱い方のSは自動的にM化していく」というものがある。そういう構図がお笑いのフィールドにも間違いなくあって、その役割の流動性は常に新たな笑いの可能性を予感させる。今日の番組にはまさにそういうフォーメーション的な面白さが見出せたわけだが、ではツービートの二人の関係に焦点を絞って考えたとき、ボケとツッコミはいったいどうなっているのか?

コンビ結成当初はきよしがネタを作り、「オレがボケるからどんどんツッコんで来い」と言い張っていたものの、きよしが舞台上で全然ボケないので、たけしがネタを作りボケるようになって売れた、という話を聴いたことがある。そういう意味ではきよしにはもともとボケ志向がある、と言うこともできなくはないし、たけしは実際のところ多くのテレビ番組でツッコミ側の役割を果たしており(番組の中心に立つと自動的にそういう役回りになる)、ツッコミにおいても当代一流であることはとっくの昔に証明されている。とはいえツービートのボケといえば、やはり疑いなくたけしのほうだろう。

では他のコンビの場合はどうか? 奇妙なことに、他のお笑いコンビに関しても、近年同じようなことが起きている。ダウンタウンは浜田のポンコツ化をネタにすることが多くなり、かつては「三村ツッコミ」とまで言われたツッコミの権化さまぁ~ず三村も、今やイジられる場面がかなり増えている。千原兄弟の場合もせいじの奇怪なエピソードにジュニアがツッコむという形が頻繁に見られるようになり、爆笑問題も「実は田中のほうが変わっている」と方々で囁かれるようになった。

これはコンビが売れていく過程でそうなっていくものなのか、あるいは加齢によるツッコミのポンコツ化によりそうなるということなのか。

前者の場合、コンビはボケ役の方が先に売れることが多く、売れていくと当然番組の柱、つまりは司会を任されることが多くなるから、自動的にボケ役のツッコミの技量が上がり、テレビ出場機会の少ないツッコミ役の相方よりもツッコミが上手くなった結果、ボケとツッコミが入れ替わる、という事態が考えられる。

後者の場合は、ツッコミ役のシャープさ的確さスピード感が加齢とともに年々弱まっていき、多くの場合ネタを作っているボケ役がその鈍ったツッコミの仕切りに満足できなくなり、自らがツッコミ役に回る。その一方で、役割どおりのきっちりとしたツッコミを放棄したツッコミ役から、機能的な部分(ツッコミの技術)以外の人間的な味(=可愛気あるいはポンコツ感=ボケ)が徐々に染みだしてきて、そのキャラクター的な魅力が機能的な役割を越えたときにボケとして開花する、というような形があり得るのではないか。

いつの間にやらだいぶ射程の長い話になった。ちょうどW杯が近いということもあって、「フォーメーションの流動性」というようなことについて考えたくなっているのかもしれない。まあそこまで話を広げなくとも、お笑いコンビの場合、「相変わらず面白いから気づかなかったけど、いつの間にか役割が真逆になっている」なんてことが意外と良くある。そういう変化について、今後も考えてみたいと思う。