テレビに耳ありラジオに目あり

テレビ/ラジオを自由気ままに楽しむためのレビュー・感想おもちゃ箱、あるいは思考遊戯場
TOP > ARCHIVE - 2014年03月

『笑っていいとも!』グランドフィナーレに期待する希望的あるいは夢想的シナリオ

3/31(月)の『笑っていいとも!』最終回のテレフォンショッキングのゲストが、ビートたけしであることが発表された。各メディアの様々な憶測に比べると、正直これは想定内の着地点と言わざるを得ない。近年は『27時間テレビ』における絡みも毎年のようにあるわけで。もちろん2人の話ならば当然いくらでも聴きたいわけで、衝撃度を別にすれば非常に良い選択肢だとは思う。

それより気になるのは、夜に行われる最終回 of 最終回『笑っていいとも!グランドフィナーレ 感謝の超特大号』のほうに、かつてレギュラーを務めたダウンタウンが登場するということのほうだったりする。これはつまり、共演NGと噂され続けてきた現レギュラー、爆笑問題との共演を自動的に意味するからだ。

もちろん、スタッフの配慮次第では、入れ違いの登場となり同じ板の上に立たないという可能性もなくはないが、さすがに32年間続いた番組のグランドフィナーレともなると、全員集合の画が何度かは必ず求められるだろう。さらには無礼講の演出に長けているとんねるずの剛腕か、あるいは松本人志と密接な関係を持ちながらも最近は意外と爆笑との共演が多い千原ジュニアあたりが間に入れば、松本人志と太田光の会話という「夢の共演」が観られるかもしれない。そもそもとんねるずとダウンタウンがどのような絡み方をするのかというのも、充分に興味深いところだが。

おぎやはぎのラジオ『メガネびいき』によれば、さまぁ~ず大竹の結婚披露宴において、太田はお祝いのスピーチの際、「大竹、恵(俊彰)と席を離してくれてありがとう」と、大嫌いな恵への当てこすりを公衆の面前でかましたという逸話がある(もちろん恵もその場に出席しているのにもかかわらず)。それにならうならば、たとえば全員集合の場面において、スタッフが気を利かせて爆笑問題とダウンタウンを左右両極に配置してみたりすると、太田はまさにこのような言葉をついつい吐いてくれるのではないだろうか。そうでなくとも、「あんたの映画観たけどつまんなかったよ!」ぐらいは言ってしまうのではないかと、変に期待してしまう。

と、ここまではある種ワイドショー的な、下世話な興味の範囲内における妄想なのだが、本当の意味で期待したいのは、この邂逅が今のお笑い界にとって何らかのカンフル剤になってくれるのではないか、ということのほうである。

つまりこのような場所からこそ、これまでになかったような新たな組み合わせが、化学反応が生まれるのではないかという期待である。誰かの悪口で思いがけず意気投合して、松本と太田のボケ合戦が始まらないとも限らないわけで。たとえば鶴瓶あたりをみんなでイジッているうちに、松本のボケに太田が乗っかって、さらにとんねるずもタモリも乗っかって、爆笑田中やナイナイ矢部あたりが必死に止めに入るけどどうにも止まらない、というような。

ついでにさらなる理想を言えば、そんなグルーヴ感のある展開にそれぞれが手応えを感じ、そんな渦の中から、「ダウンタウンと爆笑問題とタモリが一緒にコントをやる」というような思いがけぬ番組企画が立ち上がるなどしてくれるといい。無論、それが必ず面白くなるという保証はないが。

正直ここまで来るともう単なる希望でしかないのだが、トップランクの芸人同士の間に、これまでそういった創造的交流があまりに欠けていたのも事実で、逆に言えばこういう機会でもない限り、そういったミクスチャーは起こりようがないのかもしれない。

もちろん、そこまで期待するのは単なる妄想であって現実的ではない。だがいずれにしろ、「物事の終わりが始まりのきっかけとなる」というのが、もっとも美しい終了の形なのではないか。そんな身勝手な期待を胸に。

スポンサーサイト

ラジオ2014年春の改編注目番組 聴取率のお話を添えて

タイトルの気まぐれフレンチ感は真の気まぐれに過ぎずシェフにあらず。本題へ。

ラジオ春の改編の一番大きなものといえば、毎年結局のところ「ナイター中継開始」ってことになってしまい、大幅な枠を野球中継に奪われながらもその隙間で細々と冒険実験する、というのがお馴染みの展開。しかし今年は、秋に比べれば毎度地味なこの改編期にも、ラジオ各局のスタンスの違いが垣間見えて面白い。

といってもこの段階できっちり新番組の特集ページを組んでいるのはやはり民放AM主要局くらいで、まだ全貌が見えてこない局も多い。なのでここではTBSラジオ、ニッポン放送、文化放送、ラジオ日本の番組を取り上げることになる。

特に結論を後回しにする必要もないので先にまとめてしまえば、ニッポン放送のドラスティックな改編っぷりと、それとは対照的にミニマムなTBSラジオの改編、という対比が最大の注目ポイントである。

ちなみに今回の改編の状況は、聴取率の現状と比較しながら考えてみると非常にわかりやすい。
TBSラジオ公式HPの発表によれば、2014年2月度の聴取率は以下のようになっている。
http://www.tbs.co.jp/radio/topics/201403/001814031400.html
どう見てもTBSの圧勝である。相変わらずだが、おそらくはラジオ聴取者の平均年齢が恐ろしいことになっている。

そしてさらに注目すべきは、以下の文言。
《TBSラジオは1.3%を獲得し、首位。
2位はJ-WAVEで0.8%。3位は文化放送とニッポン放送とTOKYO FMが同率で0.7%
6位はNHK第一で0.6%でした。》

正直比較する数値が小さすぎるため差が明確に表れにくく、それゆえ3局が同率3位などという大雑把な事態が発生してしまうのだが、とりあえずTBSが断トツであること、そして2位は当然の如くニッポン放送だろうと思いきや、僅差ではあるがJ-WAVEに負け、さらには文化放送とTOKYO FMにも追いつかれているということがわかる。

とはいえやはり数値の信憑性はそこそこ怪しく、0.1%の差は正直誤差の範囲と見なすべきかもしれない。実際過去の数値を見る限り、2位以下は常に0.1%単位で順位が頻繁に変動しており、結局のところ「TBSのひとり勝ち」とだけ把握しておけばいいのかもしれない。

そんな中、最も注目すべきは、巻き返しをはかるニッポン放送の思い切ったリニューアルだろう。
特に『オールナイトニッポン0』はまたしても総入れ替え。ここはもうはっきりと「育成枠」という認識で良いだろう。ここで評価を得た者が1部へと昇格する。そういうフラットな評価を得られる場は、少なからず演者のモチベーションを高めるはず。

ただ、去年昇格した久保・能町が1年で終了してしまったというのがちょっと気がかりで、昇格してすぐに終了となると「昇格=モチベーション」とはあまりならないかもしれない。むしろいったん番組が終了してしまうとそこで評価が決定してしまい、同じ局で再び番組をやるという道が遠のく印象が強い。

新ラインナップを見ると、いまだミュージシャン優勢ではあるのだが、芸人枠が1から2に増えたのは良い傾向だと思うし、その2組も他局に先駆けて起用した芸人であり、往年のニッポン放送らしさを感じさせる。

木曜のウーマンラッシュアワーについては、もちろん『THE MANZAI2013』優勝直後の最も旬な時期であり、過去の『ANN』単発放送を聴く限り、漫才の延長線上にある、というかもうほぼそのまま漫才になるのではと思わせる村本の縦横無尽なマシンガンフリートークは、ラジオの特性を存分に生かす形になるだろう。さらにはその一方で、実はツッコミの中川パラダイスの方の、以外と「黒い過去(元カラーギャング)」もすでに顔を出しており、テレビとは違った意外性も注目ポイントのひとつ。かつて『JUNK 雨上がり決死隊のべしゃりブリンッ!』で、大人しいと思われていた蛍原の超絶クレイジーっぷりが密かに炸裂していたように、時に「じゃない方芸人」の思わぬポテンシャルが引き出されることがあるのも、ラジオの大きな魅力のひとつ。

そして金曜は、ようやく来たラブレターズ。2012年秋の『ANNお笑いオールスターウィーク』で初登場した彼らのチャレンジングなパーソナリティっぷりは本当に衝撃的で、当時『日刊サイゾー』のラジオコラムでこの『オールスターウィーク』全般について、特に千原ジュニアやバカリズムなど錚々たる面子について書くつもりだったものが、その衝撃によりほとんどラブレターズの絶賛記事になってしまった。その後も長すぎるお試し期間が続き、5回の単発放送を経て待望のレギュラー化。ここで心機一転さらに攻めるか、あるいはこれまで積み上げてきたものを守るか、色々なやり方が考えられると思うが、やはり彼らには常に攻め続ける姿勢を期待したい。近年、若手芸人のラジオスターがなかなか出て来ないので、ここで一気に堰を切って欲しいという願いもある。

思いがけずニッポン放送の話が長くなった。正直それ以外の局にはあまり注目すべき点がない。以下、少し簡略に。

TBSラジオは、先に触れたごとく、見るからに最小限の改編。お笑い好きとしては『よしもと下克上』の後番組『デブッタンテ』が気になる。

個人的に今回の改編は、『エレ片』の後に続くこの枠に引き続きお笑いを持ってくるのか、あるいはそれ以外で来るのかで今後のTBSのスタンスが見えるのではないかと思っていたため、まずはお笑い番組が来てくれてホッとしたというのが正直なところ。本当は『ミュージックナビ』『ラジオ・パープル』の帯枠を丸ごと『JUNK2』化して欲しいのだが、やはりそこには手が入らず。ここは引き続き予算削減枠として割り切っているように見える。

文化放送は『ルネッサンスラジオ』でコアなファンを獲得してきた髭男爵・山田ルイ53世が土曜昼に進出する『土曜の午後は♪ヒゲとノブコのWEEKEND JUKEBOX』でどのような顔を見せるのか。

ラジオ日本は、野球中継のない日に放送というわりには野球番組としか思えぬタイトルの『激闘!麻布台スタジアム』という番組が始まるようだが、各曜日ごとにテーマもパーソナリティもまったく異なり、火曜のテーマが「お笑い」、そしてその出演者に、電車ネタでお馴染みのななめ45°がいるところに少しだけ注目している。

と、各局のHPで新番組を順に見ていくと、やはりTBSラジオの守備的な姿勢がどうにも気になる。むしろニッポン放送が賭に出すぎているとも言えるのかもしれないが、TBSはラジオ業界のトップをひた走っているとはいえ、依然として業界全体の底上げが必要な状況には変わりなく、いまだ改善の道は見えてこない。

お笑い好き必聴の深夜帯『JUNK』勢は相変わらず好調とはいえ、『JUNK2/JUNK ZERO』終了以降は、若手芸人パーソナリティの登竜門が実質的に消滅。一方でニッポン放送が、『オールナイトニッポン』や『ナイタースペシャル』等でこまめに単発実験の場を若手芸人へと提供しているのに比べると、その点に関してはかなり消極的と言わざるを得ない実情である。

もちろん現在好調であるのなら、入れ替え戦は必要ないという考え方もある。だがそうしているうちにその下の年代が「空白の世代」になってしまい、「数年後には地道に育成を続けてきた他社にお株を奪われる」というパターンはどこの業界にも頻発している形ではある。あるいは自らが業界トップをキープし続けながらも、若手リスナーを味方につけることができず、そのパイが全体としてぐんぐん縮小していくという可能性も。

そういう意味でも、TBSラジオには「若手芸人育成枠」としての『JUNK2』枠復活を期待し続けているのだが、おそらくは予算的にここで冒険はしたくないという実情が読み取れる。

その一方でまた、「良い番組を終わらせない」というのもある種「改編」の一部であるわけで、習慣性への依存度が高いラジオというメディアに対しては、多くのリスナーが現状維持を望んでいるという見方も、もちろん理解はできる。

しかし放送局の積極的な姿勢というのは、出演者のモチベーションをも自動的に高めるもので、そういうラジオ界全体を底上げするような、テンションの高まりを感じさせる改編を今後ますます期待したい。という、そんな期待の自由。

【ニッポン放送 2014年春の新番組】
http://www.1242.com/info/2014spring/
【TBSラジオ 2014春の新番組】
http://www.tbs.co.jp/radio/2014in/
【文化放送 「再発見」2014年文化放送春の新番組】
http://www.joqr.co.jp/new1404/
【ラジオ日本 2014春の番組改編】
http://www.jorf.co.jp/TOPICS/top/2014kaihen.php

電子書籍『悪戯短篇小説集 耳毛に憧れたって駄目』発売のお知らせ改

AmazonのKindleストアにて発売中の電子書籍『悪戯短篇小説集 耳毛に憧れたって駄目』が、このたびiOS(iPhone、iPad、iPod Touch)対応になりました。もちろんKindleやAndroid携帯でも読めます。ただし男子の裸を見て見ぬふりするために両手で顔を覆っていると、わずかに広げた指の隙間から数行しか読めないことがあります。

細胞の研究をしてるふりをしながら、作曲をしてるように見せかけて書いた小説集です。
何卒よろしくお願いいたします。
中卒高卒大卒幼卒よろしくお願い申し上げます。

『耳毛に憧れたって駄目』表紙

内容詳細はこちらに。
【電子書籍『悪戯短篇小説集 耳毛に憧れたって駄目』発売のお知らせ】
http://arsenal4.blog65.fc2.com/blog-entry-264.html

『R-1ぐらんぷり2014』感想~「ジャンルレス」という足枷~

設定の自由度が高いからといって自由にできるとは限らない。自由は時に足枷となる。

『THE MANZAI』や『キングオブコント』に比べ、ジャンル的には遙かに自由度が高い大会であるにもかかわらず、結局のところ毎度「あるある+α」の範囲内における勝負になり、その「α」に代入できる選択肢もかなり限られてきている。中身の充実よりも、演出やアレンジの方向性にばかり気持ちが向かい、結果として肝心のあるあるの精度がおろそかになっているケースが多い。そのせいか、今年は特に『エンタ』っぽさが強いと感じた。あるあるでなくても別に良いはずなのだが。

以下、登場順に。

《Aブロック》
【レイザーラモンRG】
のっけから、いつも通りのRG。お堅い大会で「いつも通り」を貫くことが、自動的にその場の空気に対するカウンターとなり、期待に違わぬインパクトを与えていたが、「いつも通り」とはつまり「想定内」ということでもある。だが他の人たちが地味すぎたため、唯一無二のスタイルという意味では最も目立っていた。消去法で彼を優勝させるという選択肢もあっただろうが、作品として評価するには結構な勇気が必要。

【ヒューマン中村】
得意の日本語考察ネタ。「ダサかっこいい」的な「形容詞+形容詞」という組み合わせはたしかに可能性を感じさせるが、言葉の扱いがやや生真面目すぎた。例年に比べても、ちょっと守りに入った感触があって飛躍が足りない。

【TAIGA】
客席との掛け合いも含め、完全に往年の『エンタ』系。だが肝心のあるあるネタ自体が浅く、ラストのオチもお約束的。ライブ感を最優先した作りなのだろうが、それが演者と観客の間で閉じた空気を作り出してしまっていた。

【スギちゃん】
お馴染みのワイルドネタにBGMをプラス。+αというほどのプラスではないが、それなりに楽曲との「間」を利用する箇所もあり、わずかな違いを見せようという意志は伝わった。「ワイルド」のフォーマットを生かしつつ部分的に崩すという形を模索し続けているようだが、やはりオリジナルの型には勝てず、中途半端な感は否めない。

《Bブロック》
【小森園ひろし】
ひとりコントだがかなり説明的で、テンションや感情が感覚的に伝わりづらい。内容的にも「かぶせ」が多く、ボケのバリエーションに乏しい。

【ミヤシタガク】
駅員コントだが、同じ駅員コントをやる中川家・礼二やななめ45°に比べるとデフォルメが弱く、インパクトが薄い。そのぶんリアリティがあるかというとそうでもなく、中盤以降は駅員っぽい喋り方がほとんど消えてしまった。

【やまもとまさみ】
ひとりコントでありながら、中身はヒューマン中村と同じく言語遊戯系という組み合わせ。一本目はうろ覚えの遠回しな言葉を連発するスタイルで流れを作り、そのまま押し切ることに成功。バイクを「岩城(滉一)」と呼び、尾崎的に「盗んだ岩城」と言い放ったところで優勝は決定したようなもの。

二本目は全体に言葉の精度が低下し、強固なフレーズが見当たらなかったが、一本目のアドバンテージで逃げ切ったという印象。

【中山女子短期大学】
歌+フリップネタ。カレーをこぼすくだりの繰り返しのみで引っ張る前半はやや低調だったが、その長すぎるフリがラストの魔王登場により爆発。しかしやはり前半の密度の薄さが足を引っ張ったか。独特の間と空気感が気になったので二本目も観たかった。

《Cブロック》
【バイク川崎バイク】
こちらもRG同様、いつも通りのBKB。きっちりやってあっさり終えた。すでに安定感すら漂っているが、やまもとまさみがバイクを「岩城」呼ばわりして爆笑をさらった後のバイクネタは、少々気の毒だったような気も。

【馬と魚】
一本目はマキタスポーツ的作詞作曲モノマネ。上手いのだが、詞か曲かモノマネか、全部それらしくできているだけに、ちょっと観る側が的を絞りづらい。見せ場をきっちり心得て的確に押し出してくるという意味で、マキタスポーツのほうがレベルが高いと感じた。

二本目は、とにかくつかみとアンコールで観客をイジッて空回りしたのが致命傷になった。自分でもどこがウケているのか、まだ掴みきれていないのではないか。千鳥や雨上がりとの絡みでもその不安定さが気になって仕方なかった。

【おぐ】
自らのハゲを最大限活用した自虐ネタだが、正直昨年チャンピオンの三浦マイルドに比べるとハゲ方が面白くない。ハゲと言い切るには中途半端な段階で、そこまでのイジり甲斐がないと感じてしまった。

【じゅんいちダビッドソン】
本田のモノマネは言い回しからポージングまですこぶる似ているのだが、審査員も客席も、本田のプレーを観たことはあっても、インタビューはあまり観たことがなかったのだろうか。この本田ネタだけでなく、『レッドカーペット』でやっていたアメリカあるあるも、個人的には妙に好きなのだが。客席はかなりウケていたように感じたのだが、思いのほか票が伸びなかった。


例年低調だと言われがちな大会ではあるが、今年は特に奮わなかった。こうなると、さすがに適切な枠組みや足枷が必要かもしれない。そこにルールがないと、人は行動の基準をすっかり見失い、他人の顔色を伺って似たような行動を取りがちになる。皆が明文化されていない空気を読んで「傾向と対策」のみで動くから、どうしても結果同じような場所に着地してしまう。バリエーションを求めるのならば、むしろ適切なルールは必要不可欠である。スポーツを例に挙げるまでもなく。

《過去の感想》
『R-1ぐらんぷり2013』感想
http://arsenal4.blog65.fc2.com/blog-entry-219.html
『R-1ぐらんぷり2012』感想
http://d.hatena.ne.jp/arsenal4/20120320/1332251737
『R-1ぐらんぷり2011』感想
http://d.hatena.ne.jp/arsenal4/20110211/1297431251

電子書籍『悪戯短篇小説集 耳毛に憧れたって駄目』発売のお知らせ

もうひとつのブログ『泣きながら一気に書きました』に掲載していた悪戯な短篇小説らをこのたび一斉召集し、電子書籍化しました。

『耳毛に憧れたって駄目』表紙

「お笑い好きがお笑い好きに向けて書いた小説」という意味では、この批評ブログを読んでくださっている方にも楽しんでいただけるのでは、と思っています。意外とそういう小説は少ないので。

プロの絵師にわざわざ発注した表紙画をはじめ、著者あとがき・解説(講談社文芸文庫並みの長文)・レーベル名(虚実空転文庫)・ロゴマーク(髭の奴)、挿絵(耳毛の奴)等々、無駄に作り込んでみました。文庫本サイズに換算すると124ページ、計34本の短篇集です(電子書籍なので、ページ数は端末によって変化します)。

中扉はこんな感じになってます。

『耳毛』中扉

そして本文はこんな按配。

『耳毛』本文

ついでに奥付も。

『耳毛』奥付

ちなみに、ラインナップは以下のようになっております。

【目次】
 不向き村
 使えない理由
 耳毛に憧れたって駄目
 ランドリー・マン
 ランドリー・マン 取り調べVer.
 伝説のハンター
 営業筋
 元祖エビサーの誕生
 流行語全部入り小説二〇一三
 来たれ若人!
 リバー・ランズ・スルー・ヘッド
 元祖ハダサーの誕生
 フレンドパークでたわしを狙え!
 中肉中背の男
 文字通りな男
 かもしれない男
 理
 ドーナツ化現象
 ガンズ安堵おばはん
 風の無礼者
 大丈夫
 知ったかじん
 しゃもじの乱
 逆に
 食う変
 髭すぎる森の鳴りすぎる熊さん
 座恋(すわれん)
 誤解神・訓田故事介
 TRUTH
 穴説
 ベスト・ガイ
 理想的な出会い~ハイスクール編~
 いつもより余計に回っております
 史上最強の失業者
 あとがき
 解説

なお、電子書籍化に伴い、ブログに掲載していた短篇小説の大半を閉じることになりましたが、試し読み用にいくつかの作品は残してあります。もうひとつのブログ『泣きながら一気に書きました』の左記カテゴリー一覧「短篇小説」の欄から飛ぶことができますので、ちょっと覗いてやろうかという方は是非ご一読ください。今後も新作を書いていく予定です。

とりあえず以下の3本あたりを読んでいただくと、ニュアンスが掴めるかと思います。もしかすると、より掴めなくなるかもしれません。

「不向き村」
http://d.hatena.ne.jp/arsenal4/20120402/1333359310
「ランドリー・マン」
http://d.hatena.ne.jp/arsenal4/20090708/1247060911
「流行語全部入り小説2013」
http://d.hatena.ne.jp/arsenal4/20131121/1384960920

耳毛の生えている方も生えていない方も、生やしたい方も生やしたくない方も、伸びきったもみあげを耳毛だと言い張っている方は別にして(なぜ?)、どうぞよろしくお願いいたします。



  【レーベルロゴ】
虚実空転文庫ロゴ
©メーベ・ロシフスメキー