テレビに耳ありラジオに目あり

テレビ/ラジオを自由気ままに楽しむためのレビュー・感想おもちゃ箱、あるいは思考遊戯場
TOP > ARCHIVE - 2013年05月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『日刊サイゾー』ラジオ批評連載コラム「逆にラジオ」第22回更新~『ROCKETMAN SHOW』~

ラジオコラム第22回は、『5時に夢中!』でのカオスさばきも絶妙なふかわりょうの『ROCKETMAN SHOW』について。

【「わからない」を楽しむ先に真実が見える、ふかわりょうの思考遊戯場『ROCKETMAN SHOW』】
http://www.cyzo.com/2013/05/post_13473.html

それにしても土曜深夜は困る。『エレ片』『オードリーのANN』そしてこの『ROCKETMAN SHOW』という横並びは、紛うかたなき芸人ラジオの激戦区である。恐ろしく内気なサタデー・ナイト・フィーバー。そして見事に三者三様の面白さがある。

テレビだとどうしても大所帯になり、複数の芸人を組み合わせで呼ぶ場合が多いため、ラインナップがかぶると似たような番組になるケースが少なくない。だがラジオの場合はそれぞれが個々に番組を担当しているから、芸人ごとの世界観が如実に現れ、自動的に方向性がバラけ、結果として笑いの多様性を感じさせてくれる。多様性とは可能性と言い換えてもいい。「笑い以外に何もない笑い」はその純度の高さにおいて魅力的だし、「真面目な話の根底に笑いのエッセンスがある」というのもまた、出汁のきいた料理のような味わい深い面白さがある。とにかく三番組とも面白いから困るという話である。

ふかわりょうはそもそも、不条理な笑いで世に出た芸人である。だが不条理とは何かと考えてみるとき、たとえば不条理の代表格であるカフカの小説を例にとってみるならば、不条理とは究極のリアリズムであるということになる。カフカの小説に潜むあの不穏な面白さは、リアリティ以外の何ものでもない。

「いや不条理とは『道理にあわないこと』を指すのだから、リアルとは正反対だろう」と思うかもしれない。しかし実のところ、道理とは日常そのものではない。日常から様々なノイズを除去し、社会生活を送るうえで都合よく通したものが道理であって、それは非常にデジタルな手順によって生み出された、ある種の人工物でしかない。道というのは基本的に人工的なものである。

だから日常からリアルを切り取ろうとすると、そこには必ず不条理という不純物がくっついてくる。あるいは道理よりも不条理のほうが、分量的には多くひっついてくるくらいのバランスかもしれない。

『ROCKETMAN SHOW』におけるふかわりょうの語りのリアリティの根底には、間違いなく彼がデビュー当初から、あるいはそれ以前から向きあってきたであろう不条理に対する鋭敏な感覚がある。そして不条理とはつまるところ、世の中にはびこる種々多様な「わからなさ」でもある。

「わからなさ」を「わからないまま」とりあえず捕まえてみて、まずはそれをいろんな角度からためつすがめつしてみたり、それが何を意味するのかじっくり考えてみたり、時には適当にもて遊んでみたりする。そうしてるうちに、わかってるはずだったことまでが、急にわからなくなってきたりする。

前提となる世の中が不条理である以上、リアルな面白さというものは「わからなさ」の中に、いやそんな「わからなさとの格闘(あるいは戯れ)」の中にしかないのではないか。



スポンサーサイト

『日刊サイゾー』ラジオ批評連載コラム「逆にラジオ」第21回更新~『吉田照美 飛べ!サルバドール』~

ラジオコラム第21回は、午後へ帰ってきた吉田照美がさっそく大暴れしている新番組『吉田照美 飛べ!サルバドール』について。

【無礼講的な対話関係がつくり出す異文化交流の宴『吉田照美 飛べ!サルバドール』】
http://www.cyzo.com/2013/05/post_13310.html

吉田照美の魅力は、ひとことで言うとその無尽蔵なまでの「減らず口」にある。そもそも人は皆それぞれの理屈で生きているという意味では「減らず口」の持ち主であるはずで、もし「減っている」としたらその原因をちゃんと探ったほうがいい。

多くの場合、「減らず口」が「減りはじめた」としたら、それは社会から減らすことを求められていると自身が感じているからで、仕事や社会生活の円滑な進行のために自説を抑えこむことが習慣化した結果、思ったことを言わなくなるのが当たり前になるというのはむしろ自然な流れだと言える。

というと、まるで「円滑な進行」と「減らず口」は両立不可能で相反する要素であるように響く。だがその両者がもしかして相反する要素であったとしても、けっして両立が不可能ではないということを、ラジオパーソナリティーとしての吉田照美は証明する。彼はそもそもアナウンサーであり、アナウンサーとは基本的に「円滑な進行」を司る存在である。

そして吉田照美の進行は、やはり円滑なのである。そうでなければ、ここまでアナウンサーとして第一線で生き残ってはいないだろう。しかしその円滑さは、あくまでも全体像としてのマクロな結果論としてもたらされるものであって、実のところその中身はあらゆる対立構造を意図的に含んでおり、個々の局面は「減らず口」同士のゴツゴツしたぶつかり合いによって形成されている。それらがまるで河原の石のように、まともにぶつかり合うことで互いの角が取れ、結果として円滑さを手に入れる……とか言いたいところだが、何しろ「減らず口」なのでそう簡単に角が減ることはない。

しかし対話という河の水は、しっかりと前へ流れている。その結果から逆算すると、円滑な進行は間違いなく達成されている。意見の衝突エネルギーが話を前へ前へと進める推進力となり、聴き手を引っ張ってゆく牽引力になっている。これは真面目な会議でも友達との笑い話でも重要なことで、やはり結局のところ「減らず口」を叩く勇気が必要だってことになる。もちろん「減らず口」のセンスは問われる。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。