テレビに耳ありラジオに目あり

テレビ/ラジオを自由気ままに楽しむためのレビュー・感想おもちゃ箱、あるいは思考遊戯場
TOP > ARCHIVE - 2013年03月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『日刊サイゾー』ラジオ批評連載コラム「逆にラジオ」第18回更新~『爆笑問題の日曜サンデー』~

ラジオコラム第18回は、『爆笑問題の日曜サンデー』内で行われたオールスター的お祭り企画「10周年突破記念! JUNK大集合!!」における太田光の無双状態について。

【『JUNK』パーソナリティー全員を巻き込む剛腕・太田光の過剰性『爆笑問題の日曜サンデー』】
http://www.cyzo.com/2013/03/post_12925.html

芸人の中には、「その人がいるだけで周囲の芸人たちのモチベーションが自動的に上がり、結果として全体が面白くなる」というタイプの人間がいる。それはつまり「空気を読む人」ではなく「空気を作り出す人」ということになるかもしれないが、その代表がビートたけしや明石家さんまや松本人志だと思う。単純に言ってしまえば、「カリスマ性のある大御所がいると周囲が勝手に頑張る」(もはや松本人志も大御所なのだ)という図式になるのだが、この場合中心にいる大物は、さんまを除けばさほど大暴れするわけではなく、ちょっと引いた位置に構えていることが多い。本来カリスマとはそういうもので、大将が前戦に出てくるというのは戦術的にリスキーで珍しい陣形と言っていいだろう。

太田光も周囲の芸人から大いにリスペクトされている芸人のひとりではあるが、ではさんまのようなタイプかというと本質的に全然違う。はるかに内向的で知性的なイメージがあり、もともとあまり前に出るタイプの人格ではないように思える。しかし太田の本領が発揮されるのは、実のところさんまの得意とするようなシチュエーションであって、芸人に囲まれたときの太田のはしゃぎっぷりには突然変異的な脅威さえ感じることがある。

そして太田がなぜ時にそのような状態になるのかと考えると、つまるところ太田は誰よりも周囲の芸人が好きすぎてたまらないんじゃないかという結論に至る。通常であれば「カリスマ=好かれる側」の人間でありながら、むしろ自分から好きだと告白するように、喜び勇んで伊集院光や設楽や小木に跳びかかっていく。さすがにそんな状態は、たけしや松本はもちろん、さんまですら観たことがないが、この過剰な熱量こそが太田光の笑いの根源にあるのだと思う。

知的で内向的なイメージと「熱量」という言葉は一見そぐわないように思えるかもしれないが、ドストエフスキーの小説から圧倒的な熱量を感じるように、マグマのように内面にくすぶっている膨大な熱量が、信じられないほど強烈な表現を生み出すことは珍しくない。

もちろんそんな熱量が常時放出され続けるわけはなく、それが前面に出てくるのはたとえば今回の企画のように、理想的な面子と自由にボケるスペースが与えられた場合に限られるのだが、それにしてもこういうターボがかかった時の太田光に出会うたび、なんだか胸のすくような思いがするのである。



スポンサーサイト

『バカリズム御一考様』2013/3/22放送回~こぢんまり期待できる大喜利三昧~

いよいよ来たバカリズム冠番組のパイロット版。4/2(火)からレギュラー放送がスタートするらしい。しかし公式HPを見ると「2ヶ月限定のレギュラー放送決定!」と書いてあり、のっけからどうも及び腰な感じが否めない。その割にはこうやって1時間SPをレギュラー放送前にお披露目するあたり、押してるんだか押してないんだかよくわからない謎の待遇。

内容自体は全編バカリズムの得意ジャンルである大喜利に特化したもので、企画により見せ方に違いはあるが、実質的には一本調子である。ただ、「苦手なことをやらない」ことにより、全体のクオリティがキープできるのも確かで、麒麟川島、次長課長井上、おぎやはぎ小木、ロバート秋山ら大喜利巧者を集めているとなればもはや鉄板といっていいだろう。

その人選からもわかる通り、番組的には『フットンダ』と『OMOJAN』と『IPPONグランプリ』を足したような内容で、このパイロット版を観る限り、安定した面白さは期待できそうだが特に新鮮味やインパクトは感じられなかった。個人的には充実した大喜利を見せてくれればそれだけでかなり満足なのだが、新番組にしては想定内の領域にこじんまり収まりすぎている印象があるのも確か。良くも悪くも「大喜利の幕の内弁当」といった感じである。

冠番組とはいえ、なにしろ最初から「御一行様(をもじって御一考様)」と言っているくらいなのでバカリズムの世界観を表現するというようなタイプの番組ではなく、いち回答者として大喜利に参加しているという程度なのもちょっと思い切りが足りないような気が。もっとバカリズム寄りに作ってほしい気もするが、それだと彼のネタDVDとあまり差がなくなってしまうというのもあり、テレビらしい開放感が生まれにくいというのもあるのだろう。

そもそも2ヶ月で終わってしまうようなので、あまりここから先の進化や変化を期待するわけにもいかず、とりあえず安定した大喜利を楽しむ番組として期待するのが順当なのかもしれない。



『日刊サイゾー』ラジオ批評連載コラム「逆にラジオ」第17回更新~『久保ミツロウ・能町みね子のオールナイトニッポン0』~

ラジオコラム第17回は、4月からの一部昇格が話題の『久保ミツロウ・能町みね子のオールナイトニッポン0』について。

【等身大の感覚を生きたまま届ける『久保ミツロウ・能町みね子のオールナイトニッポン0』】
http://www.cyzo.com/2013/03/post_12801.html

久保ミツロウに関しては、僕がまだ『週刊少年ジャンプ』の編集部に入って間もないころ、『3.3.7ビョーシ!!』という作品を『週刊少年マガジン』誌上で目撃して、「面白い少年漫画を描く女性作家がついに出てきたなぁ」と感じた記憶がある。当時、漫画編集者としてたいした経験もなかったくせに偉そうな感想だが、思っちゃったんだからしょうがない。いやそれが女性作家の手によるものだと気づくのは、もうちょっと後のことだったかもしれないが、そのころ『ジャンプ』には女性投稿者の作品がかなり増えてきていて、僕も何人かの有望な女性新人作家を担当していたから、普段からわりと、男性作家の描く少年漫画と女性作家の描く少年漫画の違いとか、それぞれの長所短所について考えていた時期だったんだと思う。

だから『モテキ』がブレイクしたときも、『ANN0』が始まったときも、いずれも間違いなく驚いたけど、一方で順当な結果だとも思っていた。ただ、『モテキ』のドラマ版がサブカル界隈であまりにも持て囃されすぎていたのと、『ANN0』以前にTBSラジオの『文化系トークラジオ Life』にゲスト出演したときの彼女のトークが、どうも周囲と噛み合っていない感じを受けたのが妙に印象に残っていて、「漫画家としての久保ミツロウ」から入った身としては、正直複雑な感情もあった。

しかし『ANN0』が始まってみると彼女のトークはねじれにねじれていて面白く、それはやっぱり相方としての能町みね子の懐の深さによって引き出されている部分も大きいのだと思う。もちろん『Life』にも名うての論客は揃っているのだが、大人数に囲まれる完全アウェイな状況と、信頼できるパートナーとの一対一の会話では、テニスとラグビーぐらい違う(比喩でよりわかりにくくするパターン)。

基本ローテンションなのに、時にハイテンションに振り切れる久保と、そんなときにも落ち着いた声質で客観的視点を差し込んでくる能町というコンビネーションにはやはり特別な何かがあって、この二人の絶妙なパス交換にはとても入り込めないような気がするからこそなんとかして入り込みたくなるような、聴いているとそんな感じが湧いてくるのが不思議だが、面白いラジオには、そういう「閉じているんだけど開いている」という矛盾した感覚が必ずある。そんな密室感と解放感の両立が、深夜ラジオという特殊な磁場によって引き出されているようでいて、むしろ二人が深夜ラジオの魅力を改めて引き出しているようでもある。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。