テレビに耳ありラジオに目あり

テレビ/ラジオを自由気ままに楽しむためのレビュー・感想おもちゃ箱、あるいは思考遊戯場
TOP > ARCHIVE - 2012年07月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『日刊サイゾー』ラジオコラム「逆にラジオ」第2回更新~『安住紳一郎の日曜天国』~

『日刊サイゾー』のラジオ批評連載コラム第2回です。

【局アナの枠を飛び出したマジカルな思考回路の冒険『安住紳一郎の日曜天国』】
http://www.cyzo.com/2012/07/post_11101.html

安住さんの思考回路は、土屋賢二やえのきどいちろうや内田百閒のエッセイに近いねじれ方をしているような気がします。

本当は誰しもがそれくらいねじれた脳を持っているのかもしれないのに、それをなかったことにして社会生活を送っている。テレビでの安住さんの仕事っぷりにもそういった機能性を感じることがあるけど、ラジオの彼はその生の思考回路を存分に解き放っているように思えます。

とはいえ思考回路を正確に解き放つには、豊潤な言葉とそこから的確な言葉を選び取るセンスが必要で、それはアナウンサーという仕事だからこそ身につくものなのかもしれないし、もともとそういう言語感覚を持った人なのかもしれない。他のアナウンサーにはあまりない能力だと考えると、やっぱり後者かなと思いますが。

コラム内で紹介したようなオープニングトークの大半はポッドキャスティングでも聴けるので、ぜひ聴いて脳を揺らしてみてください。

【TBSラジオ 安住紳一郎の日曜天国】
http://www.tbs.co.jp/radio/nichiten/



スポンサーサイト

『27時間テレビ』でタモリを熱くさせるのは誰だ?~『プレタモリ』2012/7/17放送~

今のタモリに必要なのは、刺激だけなのかもしれない。その実力も感性も、まだまだ鈍ってはいない。しかしその刺激の供給源は、いったいどこにあるのか? 今回の『27時間テレビ』は、おそらくそこが最大の見どころになるだろう。そう予感させる事前番組だった。

この特番は、タモリが『27時間テレビ』で絡む相手となる芸人やタレントに、あらかじめ挨拶にいくという内容。それだけのことなので、特に盛り上がりがあるというわけではない。とはいえ、くりぃむしちゅーやとんねるず、ダウンタウンらとの絡みは意外に新鮮で、それぞれとの微妙な距離感に意味を読み取る楽しみがあった。

くりぃむしちゅーにとってタモリは、最初のブレイクのきっかけとなった『ボキャブラ天国』の司会者であり、とんねるずにとってのタモリは、『お笑いスター誕生!!』において最も自らを高く評価してくれた審査員だった。そしてダウンタウンには、騒ぎすぎる『笑っていいとも』の客が気に入らずレギュラーを降りたという微妙な経緯がある。

そういう過去の経緯が、どこまで今の関係に影響するのかは正直わからない。しかしこの日のとんねるずのタモリへの心酔ぶりは予想以上で、タモリのネタをやたらと細かく覚えていてフリまくる石橋貴明の目は、スターに会った子供のように輝いていた。とんねるずとタモリの絡みは、『27時間テレビ』の大きな注目ポイントになるだろう。

ネプチューンにとってもタモリは『ボキャブラ』の司会者だが、タモリとホリケンが実はコメディアンとして意外と近い属性を持っているという点も、タモリにとって何らかの刺激になるのではないかという予感がしている。ホリケンの唐突さにひるまず、むしろさらに唐突に返すタモリの姿が観たい。無意味の応酬。

しかし実はこの日タモリが最も喜んでかまっていたのはインパルスの堤下で、何の脈絡もなく堤下のデブいじりを、小学生のように繰り返していた。堤下が律儀に毎度微妙に違う怒りかたで返してくるのがお気に入りらしく、このまったく意味のないことを性懲りもなく繰り返すスタンスは、タモリの真骨頂でもある。考えてみればタモリほど無茶ぶりによって鍛えられてきた芸人もいないわけで、山下洋輔や赤塚不二夫らの無茶なリクエストに応える形で彼の芸は作られてきた。そう考えていくと、堤下をはじめ、タモリが誰に無茶ぶりを仕掛けて鍛えていくのか、という楽しみもある。

『27時間テレビ』の全体に弛緩した空気の中で、どこにピークが訪れるのか。普通に考えればさんま、たけし、タモリのビッグ3の共演(たけしは来る、何かに乗ってきっと来る!)ということになるだろうが、タモリが意外な若手に面白味を見出して食いつく可能性も充分にある。今回の『27時間テレビ』は、タモリが誰を刺激して、誰がタモリを刺激するのか、そこに注目して観ると面白いと思う。



ラジオ批評連載コラム「逆にラジオ」開始~『JUNKサタデー エレ片のコント太郎』~

『日刊サイゾー』にて、ラジオ批評連載コラム「逆にラジオ」が始まりました。月2回ペースで更新の予定です。

「個人的には全然『逆』じゃなくて『当然』だけど、世間的にはやっぱり『逆』なのかもしれない」というスタンスで、ラジオについて考えていくことになると思います。

第1回目は、『JUNKサタデー エレ片のコント太郎』について。番組自体がねじれているので僕の番組愛も自動的にねじれてますが、掛け値なしに、お笑い好きが一番聴くべきラジオ番組のひとつだとずっと思ってきました。

どうぞよろしくお願いします。

【日刊サイゾー】ラジオ批評「逆にラジオ」第1回~あいつを笑っている俺も、きっとどこかで笑われている~ 予測不能な「集団的笑い」の境地『JUNKサタデー エレ片のコント太郎』



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。