テレビに耳ありラジオに目あり

テレビ/ラジオを自由気ままに楽しむためのレビュー・感想おもちゃ箱、あるいは思考遊戯場

ドラマ『嘘の戦争』感想ツイートまとめ vol.2

嘘の戦争ロゴ正方形

【ドラマ『嘘の戦争』感想ツイートまとめ vol.1】
http://arsenal4.blog65.fc2.com/blog-entry-335.html

















【喜怒哀楽を越えてほくそ笑む草彅剛の怪演が光る『嘘の戦争』~2017冬ドラマ初回レビュー~】
http://arsenal4.blog65.fc2.com/blog-entry-333.html

スポンサーサイト

『就活家族~きっと、うまくいく~』/容赦なき「因果律」がもたらす拡散と集約のダイナミズム

就活家族

今どき珍しいほどに「因果律」の厳しいドラマだった。視聴者のリアクションから逆算した「ご都合主義」が蔓延する昨今のドラマ界において、ここまで硬派な作品は貴重であり、むしろ新鮮ですらあった。

ドラマの原動力とは、基本的に「火事場の馬鹿力」である。人間が追い込まれた時にどんなアクションを起こし、何を言い出すのか、誰もがそれを観たがっている。

しかしそこでより重要なのは、実際にキャラクターが発揮する「馬鹿力」のほうよりも、実のところ「火事場」という危機的状況のほうである。まずは「火事場」というピンチに追い込まれなければ、人は「馬鹿力」を発揮しようがないからだ。ピンチでもないのに「馬鹿力」を発揮するキャラクターは、文字通りの「馬鹿」に見えてしまう。

登場人物の言動が状況にどんな影響を与え、どのように動かしていくのか。その影響がポジティブであるほど良いような気がついしてしまうが、そんなキャラクター思いの展開をこそ「ご都合主義」と呼ぶ。観ているほうは、「なんかこの人たち、ほっといてもうまくいくんじゃないの?」という気分になり、それならば「じゃあ観なくてもいいか」となってしまう。「火事場」の予感がない作品を、人はなかなか観ようとは思わない。

その点、観る者を惹きつける作品とは、登場人物の言動が、いちいちこれでもかというくらい状況にネガティブな影響を与え続ける作品のことである。良いことが起こったあとにも、その影響で必ず副作用的に悪いことが起こる。そして状況の悪化は、さらに悪い状況をもたらす。それはまた、人から人へと連鎖してゆく。

実のところ当初、タイトルに取ってつけたように含まれている「~きっと、うまくいく~」というフレーズに、一抹の不安を感じていた。昨今の無責任なポジティブ・シンキングを押しつけるJ-POPの歌詞のように、あまりにアバウトな楽観がそこに見えたからだ。

しかし作品を最後まで観た今となっては、その希望的フレーズが、むしろ家族の追い込まれた絶望的な現状を示唆していたということに気づく。「(この先)きっと、うまくいく」というのは、「(いまのところ)全然うまくいっていない」ということだから。とはいえ題名につけ加えられたこの一節は、ドラマを観る前の視聴者にとっては蛇足であるのも確かで、少なからず作品の「ハク」を損なうものであったかもしれない。

一流企業の人事部長である父(三浦友和)、私立中学の教師である母(黒木瞳)、宝飾メーカーで働きはじめた娘(前田敦子)、就職活動中の息子(工藤阿須加)。それぞれの周囲に致命的な問題が発生し、それに手を打てどもなかなか上手くいかず、あるいはむしろ事態の悪化を招きさえする。そして家族四人が各個に抱えていた複数の問題が、もがけばもがくほどにこじれていく中でやがて複雑に絡まりあい連鎖。互いの状況に思いがけぬ影響を与えあいながらひとつの大きな渦を形勢し、最終的には「家族」という大もとのテーマへと回帰してゆく。

その「拡散」と「集約」のプロセスは、コンパクトな設定に反して非常にダイナミックな道のりであった。いや日常に則したコンパクトな設定であるからこそ、ちょっとした心の動きすらダイナミックに感じられたのかもしれない。そしてそのダイナミズムの源泉には、「何をやっても上手くいかない」というもどかしさを多分に含んだ厳しい「因果律」がある。

「近ごろのドラマはご都合主義が目に余る」と感じている人にこそ、観てほしい本格派ドラマである。なにも猟奇殺人や不治の病に頼らずとも、スリルや緊張感を生み出すことは充分に可能であると見事に証明してみせた力作。

ドラマ『嘘の戦争』感想ツイートまとめ vol.1

嘘の戦争ロゴ正方形

2017年1月スタートの冬ドラマの中で、最も楽しんで観ている『嘘の戦争』。
その感想ツイートがいつの間にかだいぶたまってきたので、ここにまとめて置いてみます。



















【喜怒哀楽を越えてほくそ笑む草彅剛の怪演が光る『嘘の戦争』~2017冬ドラマ初回レビュー~】
http://arsenal4.blog65.fc2.com/blog-entry-333.html

喜怒哀楽を越えてほくそ笑む草彅剛の怪演が光る『嘘の戦争』~2017冬ドラマ初回レビュー~

嘘の戦争

「草彅剛・復讐シリーズ」第2弾と銘打ったこの『嘘の戦争』。「いつのまにシリーズに?」という疑問はさておき、その第1弾にあたる『銭の戦争』が素晴らしかったので今作も期待していたのだが、やはり初回から期待を裏切らない面白さ。このキャスト・スタッフが再集結した意義を強く感じさせるスタートを切った。

とはいえこのドラマには事前からいくらかの不安要素もあって、それは今作が「オリジナル脚本」であるという点。前作『銭の戦争』が韓国の大ヒットドラマのリメイクであったことを考えると、ドラマの土台となる原作の部分が抜けた状態であのクオリティを保てるのかどうか、という心配はあった。

そもそも「シリーズ」とはいっても、ストーリーにしろキャラクターにしろ、基本的に前作との関連性はなく、たとえば草彅剛と大杉漣の共演など、一部に共通点が観られる程度。ゆえにプロットの充実していた前作のクオリティを同レベルで引き継ぐ、というのはかなり難しいと思われたのだが、蓋を開けてみれば「主人公の復讐戦」というテーマの核心部分がきっちりと受け継がれ、早くも前作同様にめくるめく心理戦が展開されている。

しいて言えば、物語をタイトかつスピーディーに展開したいあまり、ややご都合主義的というか、今のところ人が狙い通りに動きすぎているのが少し気にはなる。だがそこは初回特有の「力み」でもあるだろうし、実際にその展開の「速さ」と「密度」は物語の駆動力向上に一定の効果を挙げている。

そして何よりも本作で魅力を放っているのは、いま最も「ほくそ笑む」表情が似合う俳優・草彅剛の食わせ者感あふれる演技である。今回彼が演じる一ノ瀬浩一という人物は、その心の奥底に感じられる芯の強さという意味においては、『銭の戦争』で彼が演じていた白石富生に通じる部分もある。しかしキャラクターとしてはむしろ、詐欺師という役柄も相まって、前作で渡部篤郎が演じていた赤松大介のほうに近い。

『銭の戦争』における渡部篤郎の、冷静さと狂気を共存させた演技はまさに「怪演」と呼ぶべきもので、作品をワンランク上へと押し上げる力を持っていたが、今作においてはまさにその役割を草彅剛の演技が担っている。

役者というのはある段階から、単なる見た目の格好良さを越えて、喜怒哀楽の入り交じった状態や、善悪が入り乱れる人間臭いキャラクターを演じるステージへと突入してゆく。

かつての松田優作がそうであったように、渡部篤郎はすでにその領域における第一人者だと個人的には捉えているが、そんな実力者との共演経験を経て、草彅剛もまた役者としてのネクストステージへと駆け上がっている。そんな気迫が画面を越えて伝わってくる。

そもそも「喜怒哀楽」なんてものは、単なる便宜上の分類でしかなくて、人間の感情は本来分類不可能なものだ。たとえば100%混じりっけのない「喜」という感情があるかといえば疑わしく、そこにちょっとだけ哀しみが混じっていることもあれば、どこかに怒りが混ざり込んでいることだってある。当然「喜怒哀楽」の四つ以外にも様々な感情があるし、まだ言葉になっていない感情だってきっとたくさん存在する。

もちろん「善悪」に関しても同様で、世の中の多くの事柄は、そのどちらかにキッパリと分類できるものではない。そういった便宜上の分類とは別の、不可分の領域、あるいは複数の感情がクロスオーバーして混沌としている領域というのがたしかにあって、作品の面白さを支えるリアリティというのは、そういった未知の領域を表現できるかどうかにかかっている。

そしてその領域へと達するにはまず、あらゆる既存の感情を疑ってかかることが必要で、そのためには自分自身をいったん突き放したうえで嗤うような、皮肉めいたユーモアが不可欠である。俳優・草彅剛にはそれが備わっているのだと思う。

彼の持つ冷めたユーモアの感覚は、長年バラエティで共演してきたタモリから受け継がれたものなのかもしれない……というのは僕のようないちタモリファンの掲げる理想論に過ぎないのかもしれなくて、実際のところ以前にも、『いいとも』最終回の際に披露された中居正広のスピーチに関して、ここにほぼ同じようなことを書いている。

【『笑っていいとも!グランドフィナーレ 感謝の超特大号』~模倣困難なタモリイズムの継承~】
http://arsenal4.blog65.fc2.com/blog-entry-269.html

と、なんでもかんでもタモリを通して考えてしまうのはタモリ本人にしても荷が重いかもしれないが、プライベートでもつきあいのある草彅剛がその背中から「表現における本質的な何か」を学んでいたとしてもなんら不思議はない。いずれにしろ草彅剛がいま、最も魅力的な役者の一人であることに変わりはない。

本作にはその他にも、『私 結婚できないんじゃなくて、しないんです』でキャラクターの幅をグッと広げてきた藤木直人や、『HOPE~期待ゼロの新入社員~』でプレーンな輝きを見せた山本美月、そしてもちろん前作に続きいぶし銀の存在感で作品に奥行きを加える大杉漣など、周囲の役者陣も魅力的なラインナップが揃う。

とりあえず、この時点で出せる要素を全力で詰め込んでみせた印象のある初回。そのぶん今後へのハードルが上がったとも言えるが、オリジナル脚本で前作に匹敵、あるいは凌駕することができるのか、役者陣の表現力とカンテレドラマ班の底力に期待しつつ観ていきたい、今期最注目作品である。


◆前作レビュー【俳優陣の名演怪演と半沢リベンジ型脚本が光る『銭の戦争』】
http://arsenal4.blog65.fc2.com/blog-entry-287.html

『M-1グランプリ2016』感想~改めて「漫才らしい漫才」というベタな評価軸を持ち出さねば測りきれぬほどの、まれに見る接戦~

m-1gp2016logo.jpg

毎度司会者や審査員は、口を揃えて「今回はレベルが高い」と言うものだが、今回は本当にレベルが高かった。ゆえに何か強引にでも確固たる評価軸を設定しておかないと、異様に審査が難しい大会だったと思う。

きっと審査員のうちの何人かは、自分の趣味嗜好を超えたところで、「M-1のMは『漫才』のMだ」というところを拠りどころに、最終審査に望んだのではないか。そうやって、ある種自分の外に客観的な評価軸を設定しないと比べられないくらい、上位陣の実力は例年になく拮抗していたように思う。

個人的には、最終決戦に残った3組の、1本目と2本目のクオリティの差に注目していた。『M-1』の場合、優勝するためには「2本揃える」というのが至上命題となっているが、やっぱり1本目で高得点を叩き出さない限り2本目に進めない以上、どうしても1番の自信作は1本目に持ってくることが多い。

つまり2本目は、必然的にクオリティがいくらか落ちるのが当然で、あとは1本目で認知されたキャラクターの浸透力でどれだけカバーできるかの勝負になってくる。

今回の場合、最終決戦に残った3組のうち、2本目が1本目と同等のクオリティを備えていたのが和牛、若干落ちたのがスーパーマラドーナ、それよりもさらに少し落ちたのが銀シャリだと感じた。銀シャリは1本目が良すぎた、というのもある。

とはいえこの3者の2本目の出来の差は誤差に近く、つまり審査員の面々にとっても、自分内にある「面白さ」という主観的基準だけで優勝者を決めることを諦めざるを得ない状況にあったと思う。

結果、審査員は「漫才らしい漫才」という、大会名に則った至極ベーシックなメジャーを今さら工具箱から引っ張り出したうえで、もっともオーソドックスな(コント的でない)漫才スタイルで勝負した銀シャリに軍配を上げた、ということになるのではないか。

逆にいえば、「漫才らしい漫才」という評価軸を改めて持ち出させた時点で、銀シャリの勝ちが見えたということもできる。どんなジャンルにおいても、邪道が王道を打ち破るには、誰が観ても明らかなほど圧倒的に勝つしかないのだ。

それでは以下、登場順に感想を。

【アキナ】
マセた5歳児が親に浴びせかける大人びた発言の数々。
話が進んでいくにつれ、それらが徐々に名言レベルへとグレードアップしていくという尻上がりな展開。

緩急や意外性はあまりなく、巧さはあるが突出した特徴がないとも言える。

【カミナリ】
ウド鈴木的なボケ+方言ツッコミ。
というと「キャイ~ン+U字工事」ということになるが、ツッコミのパンチ力の強さも含め、当たらずとも遠からずか。

ツッコミの比重が高く、その声の大きさと大振りな腕のスイングが印象に残るが、言葉の精度もちゃんと高い。
たぶん大御所の人たちは、「そんなに殴ったらアカン」的なリアクションをすると思ったので、上沼恵美子の81点は案の定。しかし巨人師匠の91点はちょっと意外。

【相席スタート】
合コンを野球のバッティングにたとえてみせる演出は面白いが、中身の「あるある」ネタが巷間に出回っている一般的な「あるある」であり過ぎるため、根本的なエンジンパワーが弱い印象。

共感はできるものの、共感を超えない。

【銀シャリ】
ほとんど完璧といっていい漫才を見せた1本目。
ボケが一番面白くなってきたあたりで、スパッと思い切りよく次のパターンへと切り替える展開力とタイミングの妙。
中盤で一気に畳みかける箇所もあり、緩急も自在。
最小限の素材を最大限に活用する、コストパフォーマンスの異様に高いネタで、隙がなく圧巻だった。

そんな完璧な1本目に比べると、2本目はやや小粒な印象。
1本目の「ドレミのうた」というピンポイントな設定に比べると、「雑学」というやや広めなテーマ設定であったぶん、縦に深めきれないまま終わった。

それでも対等な勝負に持ち込めるだけのクオリティは備えており、2本トータルで考えるならば納得の優勝。

【スリムクラブ】
相変わらずもの凄くゆったりしたテンポにもかかわらず、「U-18の天狗」「ばあちゃんを2WDに戻してください」「僕はおばあちゃんから生まれた」「家族のトーナメント表みたいなの」など、キラーフレーズ満載でとにかく面白かった。
圧倒的に不条理な世界観と鋭利なワードセンスの相性も絶妙で、個人的には大好きだが、ついていけない人が少なくないのもわかる。

上沼恵美子はもっとわかりやすくしろと愛のムチを放っていたが、個人的には下手に観客に合わせてほしくない。もちろんわかりやすく味つけしない限り、評価してもらうのが難しいのはわかるし、まさに今回がそういう場だったわけだけれど。

【ハライチ】
昨年は独自の「ノリボケ漫才」を封印した結果、普通すぎる漫才になってしまっていたが、今年はきっちり新たなハライチを見せてくれた。

形としては、ツッコミを無視して容赦なくボケ進めていくという、ナイツやオードリー系の「すれ違い漫才」に近い。
といっても従来の「ノリボケ漫才」も、冒頭とラスト以外はまともな会話にはなっていなかったわけで、そういう意味ではハライチらしい距離感はきっちり生かされたスタイル。
しかし今回のように、「漫才らしさ」が評価基準になってくると、2人が正面からガッチリぶつかり合う「対話の妙こそが漫才」という古典的な価値観が壁になる。

だが個人的にはかなり面白く、このパターンのネタを他にも観てみたいと思った。

【スーパーマラドーナ】
スーパーマラドーナといえば武智のヤンキー感が売りだと認識していたが、今大会で田中の方のポンコツキャラがブレイク。

日常的な出来事の報告が徐々に狂気性を帯び、起承転結の「転」で衝撃の展開を見せた1本目。
田中の歩き方レベルの細かいボケもきっちり機能していて、その変態的なキャラクターを印象づけることに成功した。

それに比べると2本目はやや大味だったが、スピード感と派手なアクションによって細部をカバーして余りある勢いが生まれ、貧弱な田中が体格のいい武智をひょいと持ち上げたところで笑いが沸点に達した。

全体にもう一段階精度を高めることが出来そうな余地があり、逆にそこが伸びしろとスケールの大きさを感じさせる。
とはいえ、今回優勝してもなんの不思議もなかった。

【さらば青春の光】
「漫画やん」「能やん」「浄瑠璃やん」とツッコミワードを限定しつつ発展させていくことで、狭い設定を深く掘り下げるタイトな言葉遊び。

最後に待ち受けていた「キャッツやん」がやや言葉として弱く、ラストが尻すぼみ気味になってしまったことが悔やまれるが、他とは絶対にかぶらない設定やキーワードで勝負してくるあたり、やはりこの人たちにしかできない世界観がある。

【和牛(敗者復活枠)】
2本ともクオリティをきっちり揃えてきたあたり、やはり確固たる実力を感じさせるし、他のネタも観たいと思わせる力がある。

1本目がドライブ、2本目が花火大会という同方向のデートネタを2本揃えてきたのも、クオリティの安定に一役買っているとは思うが、逆にそこが2本目を縮小再生産っぽく見せてしまったかもしれない。
実際には2本目も、クオリティは1本目同様に高かったのだが、今回ほどの僅差勝負になってくると、そういう戦略的な部分も少なからず(そして決定的に)作用してくるだろう。

とにかく人間の嫌な部分を細かく炙り出すボケのセンスが秀逸で、そこに関西のテンポ感の良いツッコミがジャストタイミングで入ってくる。
描写のレベルも細かく、2本目で迷彩柄の服が思わぬところで効いてくるあたり、すっかりしてやられた。

最終決戦を3者が終えた時点で、個人的には和牛が優勝するのではないかと思った。彼らの2本目のクオリティには、それくらい確かなものがあった。


《『M-1グランプリ2015』感想~「ネタ」と「キャラ」の融合が生み出すミラクル薄毛ファンタジー~》
http://arsenal4.blog65.fc2.com/blog-entry-301.html

《『M-1グランプリ2010』感想》
http://d.hatena.ne.jp/arsenal4/20101226/1293372609

《観客の反応がすべてを支配しすぎ、だが結果は意外と順当 ~M-1グランプリ2009総評~》
http://d.hatena.ne.jp/arsenal4/20091222/1261426486

《「スピードで誤魔化せる範囲は限られる」M-1グランプリ2008総評》
http://d.hatena.ne.jp/arsenal4/20081222/1229948554